秋冬の抜け毛対策

 

こんにちは!
今日は秋、冬の抜け毛対策について
秋冬は
春夏に受けたダメージが
頭皮や肌にトラブルとして出てくるのです!
そんな時期だからこそ
しっかりとケアをしていきましょう!
まずは基礎知識から
肌は上から表皮・真皮・皮下組織
3層構造で出来ており
真皮には
網目状に張り巡らされたコラーゲンがあり
肌を支える柱の役割をしています。
このコラーゲン同士を繋げているのがエラスチンといい
真皮層の中にコラーゲンとエラスチンで
小さな部屋をたくさん作っています。
その部屋の中には水分を含んで
水風船の様に膨らんでいるヒアルロン酸があります。
ヒアルロン酸は保水力に優れた物質で
1gで約6リットルの水を保持する事が出来ます。
この3つが肌のハリや弾力の元になっていて
表皮を支えています。
秋、冬にトラブルが起きる原因は!
春、夏の強烈な紫外線が
頭皮や肌にダメージを与えているからです。
紫外線は
紫外線A波(UV-A)と紫外線B波(UV-B)の
2種類があります。
UV-Aが最も強い時期は・・・春先から6月がピーク
※UV-Aは波長が長く真皮層(皮膚の2層目!)にまで到達する為
肌のハリや弾力の元となるコラーゲンの柱を折ってしまいます。
柱を折られた事で天井部分を支えきれなくなった肌は下へと落ちて行きます。
これがシワの原因に・・・!
そして真皮層に張り巡らされた毛細血管が圧迫され
血行不順となります。
紫外線B波が最も強い時期は・・・8月
※UV-Bは波長が短く表皮(皮膚表面)に炎症を起こします。
日焼けをして肌が赤くなるのはこれが原因です。
その炎症を抑える為に
真皮層のヒアルロン酸から
表皮層へ水が送られます。
そして水風船の様に膨らんでいたヒアルロン酸が萎む事で
柱のコラーゲンが支えを無くし
倒壊して肌が下へと落ちます。
これもシワの原因!
つまり
UV-AとUV-Bで日焼けをする事で
肌細胞がダメージを負い
肌が下がり
毛細血管を圧迫させてしまいます。
血管が圧迫されると
血流が悪くなり
毛根(毛母細胞)に酸素と栄養が行き届かなくなるので
抜け毛が増えるのです。
一日の自然脱毛は約30~80本に対し
この時期は一日100本以上抜け落ちるそうです!
 
そこで
血流を促す様にマッサージしながらシャンプーをしたり
指圧機能があるシャンプーブラシを使ったりする事で
秋の抜け毛を防ぐ事が出来ます。
秋を迎えて後悔しない様に
今のうちからしっかりケアしていきましょう!!

oiro hair トイロ ヘアー    岡部 千彰

          

 

 

toiro hair トイロ ヘアー    岡部 千彰

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-5-4YKBマイクガーデン1F

電話番号:03-5363-9970
メールアドレス:chiaki@toiro-hair.com
営業時間:平日11時~21時 土祝11時~20時 日曜10時~19時
最終受付 カット:閉店1時間前 パーマorカラー:閉店2時間前

当店Facebook ページはこちら
http://bit.ly/2a2yLDt