サビさせない・焦げさせない2

 

18-11-27-07-55-35-105_deco

 

 

酸化は24時間、体中の至る所で起きているます

皮膚の細胞膜や核、タンパク質や脂質、糖質

活性酸素によって酸化し体に悪影響を与えます

活性酸素の発生は生きている限りなくす事は出来ません

しかしその影響を減らすことは出来ます

そのひとつがUVケアです

紫外線は、シミやシワに即つながるというより

まず、活性酸素の影響を増やします

この活性酸素がシワ形成の促進やシミにつながるメラニンの生成

細胞エネルギーを生み出すミトコンドリアの老化などに関与しているのです

更にすでに光老化した肌(たるみ・深いシワ・シミなどが目立つ肌)は

抗酸化力も弱まっています

つまり光老化した肌では

紫外線にあたると活性酸素が増えやすくなっていますので

特に注意が必要といえます

紫外線を浴びると

皮膚細胞の核にあるDNAの正常な活動が妨げられます

通常は修復能が働きますが

あまりにも酸化の刺激が強いと傷んだDNAが

正常に消去されなくなる事があります

あらゆる老化と疾患に関わってくる

紫外線による酸化ストレス

UVケアは肌の老化だけでなく

皮膚がんなどの重大な疾患を防ぐ事にも繋がります

大気汚染や喫煙、激しい運動、疾患による炎症

体内の酸化を促進してしまいます

酸化の影響は

酸化をもたらす因子が多い程増えていきます

まずは紫外線をしっかり防いだ上で

そのほかの増強因子も生活から取り除いていく事

酸化による老化を抑える近道です

 

 

活性酸素を過剰発生させる増強因子

 

・加工食品

・ストレス

・放射能

・油分の多い食事

・残留農薬

・過剰な飲酒

・激しい運動

・化学物質

・大気汚染

・電磁波

・紫外線、ブルーライト

・タバコ

 

 

肌の酸化を予防する3つの対策

肌にも身体にも悪影響を及ぼす酸化ストレス

老化を食い止めるためにも

ぜひ予防したいですよね

肌の酸化を予防するには

以下の3つの対策が有効です

・酸化ストレスに触れない

紫外線は酸化の大きな原因なので

日焼け止めなどを使用し

1年中しっかり紫外線対策を行いましょう

また皮脂が過剰に出たらこまめにオフしたり

先顔料でしっかり洗い流す事も大切で

さらに喫煙を避けるなど

酸化ストレスをなるべく受けない生活を心がけることも重要です

・抗酸化物質を摂取する

酸化から肌を守るシステム(抗酸化作用など)があるため

抗酸化物質は体内で生成されているのですが

加齢とともに徐々に減ってしまいます

減ってしまった抗酸化物質を補うためにも、

ビタミンCやビタミンE、リポ酸などを摂取するのがオススメです

・身体自身の抗酸化力を高める

生体が自らつくり出している抗酸化物質の働きを出来る限り高める事も

肌の酸化を予防する有効な手段です

私たちの身体は抗酸化機能を持つ因子(チオレドキシンやグルタチオンなど)を

自らつくり酸化ストレスから身体を守っています

規則正しい生活やストレスを溜めない生活を心がけ

免疫力をアップさせて

抗酸化因子の働きを高める事も意識しましょう

肌の酸化は今すぐに出てくるトラブルではなく

徐々に出てくるトラブルの根本になる現象です

つまり早めに対策し将来的な不安を払拭する様に

日々の丁寧なケアを心がけてください

 

 

次週は「焦げ=糖化」についてです

 

 

toiro hair トイロ ヘアー 山田 康太郎        

                               

 

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-5-4YKBマイクガーデン1F

電話番号:03-5363-9970
メールアドレス:kou@toiro-hair.com
営業時間:平日11時~21時 土祝11時~20時 日曜10時~19時
最終受付 カット:閉店1時間前 パーマorカラー:閉店2時間前

当店Facebook ページはこちら
http://bit.ly/2a2yLDt