シリコンについて

 

yjimage

 

 

シャンプー剤やトリートメント剤に配合されているシリコン

皆さんシリコンと言ったら何を思い浮かべますか?

シリコン素材で作られている物の例
医療用だとコンタクトや人工心臓
自転車のシーリングや繊維
電子レンジで使えるシリコン容器etc…

 

シリコン素材は色んな物に使われていて
私達の体内でアレルギー反応が起こらない
安全性の高い素材なんです

これだけシリコン製品が
世の中に溢れていますが
シリコン入りシャンプー剤は少々悪者扱いをされています

 

それは・・・
パブリックのシャンプー剤に入っているシリコンは
毛髪修復成分では無くコーティング剤だからです

 

パブリック商品には
石油系合成界面活性剤が使われている為
洗浄力が強く洗い流した際に髪がきしみます
そこにシリコン(コーティング剤)を入れる事で
髪表面に皮膜を作ってくれるので
シャンプーしただけなのに手触りが良くなると言う訳です

 

ただ
毎日シリコン入りのシャンプー剤で頭髪を洗う事で
髪にコーティング剤が付着し層となってしまいます
層となったシリコンは通常のシャンプーでは落ちません
そこでシリコン入りのシャンプーを使う場合は
髪にシャンプー剤が残らない様に
しっかり洗い流す事が重要になってきます
流し漏れが合った場合
肌が弱い方は吹き出物が出来たりするので
しっかり洗い流すように心掛けましょう!!

 

シャンプー剤やトリートメント剤の成分表示を見ても
どれがシリコンか解らないと思うので
代表的な成分名を書いておきます

 

ジメチコン
シクロメチコン
シリカ
シリル
シロキ
シラン

 

それと
サロン専売品の中に
メーカーにもよりますが
シャンプー剤にシリコンを使用している物もあります
シリコンが含まれているor含まれて無い をジャッチする方法は・・・

無色透明のシャンプーを選ぶと良いです

 

ただし

シリコンは毛髪をコーティングして
しっとりさせたり、さらさらにする為には
必要な成分の1つです
なので入っているから
その製品が絶対に悪いかと言うと
そうは言い切れません
含有量やその質が一番の問題です

パブリックのシャンプー剤には
吸着力の強いシリコンが大量に入っているから
髪に負担が掛るのです
シリコンでコーティングされ過ぎた髪は
パーマ剤やカラー剤の浸透を妨げるので
掛りづらかったり、染まらなくなったりします
なので先程もお伝えしましたが
しっかり流す事が重要になるのです

 

もう一つ
サロン専売品にはシリコンより優しい
ポリマーが使われています

ポリマーとは水に溶けやすく残留しない成分です
シリコンはその反対で水に溶けにくく残留しやすいのです

 

髪を優しくコーティングして
毎日のシャンプーで取れる位の成分になりますので
安心して使う事ができると言う訳です

 

最後に
シャンプーとは
髪や頭皮の汚れを落とす行為です
使用する製品によっては
髪にも頭皮にも負担が掛ります

誰も自分の髪がバサバサになる事を
望んでいる方はいないでしょう
しかし市販の洗浄力が高い製品を使うと
髪がパサついてしまいます

毛髪は死活細胞なので
自然治癒力はありません
ここで自分自身の髪と向き合って
何を使うと髪にとって良いのかを
考えて頂ければと思います

 

※シャンプー剤などに配合されている「シリコン」とは

正しくは「シリコーン」といいます

なので皆さんがイメージする「シリコン」とは全く別の素材です

ですが多くの方が「シリコン」と「シリコーン」を混同して認識しているので

 

このブログではあえて「シリコーン」を「シリコン」と表記して説明しています

 

 

toiro hair  山田 康太郎

 

 

                            

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-5-4YKBマイクガーデン1F

電話番号:03-5363-9970
メールアドレス:kou@toiro-hair.com
営業時間:平日11時~21時 土祝11時~20時 日曜10時~19時
最終受付 カット:閉店1時間前 パーマorカラー:閉店2時間前

当店Facebook ページはこちら
http://bit.ly/2a2yLDt