ホームカラー(白髪染め)をしている方へお願い

 

こんにちは!元美です♪

 

どうしても皆様に知っておいてほしい事があります!

si

 

「自分で市販の白髪染めを購入して頻繁にセルフで染めないで欲しい」

 

これは、美容師として切実な願いです。

 

 

なぜなら自分の髪の毛の事を知らなさすぎるからです。

 

このお願いをかくにあたって

ヤフーの知恵袋等を拝見しました

 

美容院側からすると

一人でも客を増やしたいだろうし

売上を伸ばしたいがために、市販を買ってはダメですよ!と言って

自分の店での白髪染めやカラーを勧めているとも考えられます。

 

などの書き込みを見つけた時

正直とても悲しかった。

 

毛髪の知識がまだ浸透していない証拠なんだと!!

 

 

髪の毛=毛髪はタンパク質で出来ています。

 

毛髪を生卵に置き換えて

美容師が料理人で

お客様が料理を作ったことが無い人(素人)だとしたら

 

料理人は卵焼きを焦がさずに幾重にも焼けるけど

素人は焦がしたり均等に焼けなかったりして

見た目にも不格好な卵焼きが出来ます。

 

それとこの卵焼きに使う調味料も違うのです!

料理人が使うのは、こだわりの調味料で

素人は100均で買える調味料。

 

どちらの卵焼きを食べてみたいかと聞かれると

素人が作る卵焼きは不格好でも愛情がこもっていて美味しいかもしれないけれど

料理人が作る卵焼きを食べてみたくなると思います。

 

この技術力の差で

毛髪の耐久性が異なっていくのです。

 

タンパク質は最初柔らかい生卵の様な物だとしたら

化学物質や熱などでダメージが加わると

どんどん硬くなってしまいます。

 

そんなダメージを負った毛髪に

パーマや縮毛矯正などの施術をするという事は

化学物質や熱などで固まりきった卵を

無理やり形状を変える!という荒業になってしまうのです・・・。

 

ここで私が伝えたいのは

市販のカラー剤を使う時に

自身の毛髪の状や商材、カラーを浸透させるための放置タイムなど・・・

自己判断できているかどうかなのです。

 

私達美容師は

・お客様の毛髪コンディションの確認

・お客様の黒髪と白髪のコントラストのパーセンテージ確認

・ご希望の明るさを出す為に、明度を設定し薬剤の調合

・白髪が伸びている根元だけの塗布

・毛先はダメージを抑える為にオキシドールを調整(毛先までの施術の場合)

・季節や室内温度でカラーの色を定着させる最適なタイム設定

・白髪に色が入っているかのチェック

・お客様の髪質やコンディションに合ったシャンプー選び

・白髪染めを流す際の乳化

・カラーにより毛髪内部にアルカリが残留するので一時除去施術

・ダメージ部分を1日修復する為のトリートメント

・仕上げに洗い流さないトリートメントでキューティクル保護でドライヤー

 

 

この工程は、お客様の毛髪がダメージしない様に

心得ている事です。

 

 

市販のカラーは手軽に出来るけど

簡単に毛髪へダメージを与える事が出来る・・・

というのを心得てやって欲しい。

 

それとご自身でダメージを作ってしまった場合

トリートメントとかでどうにか復活させてよ!なんていわれても

正直無理なんです・・・

 

毛髪は死活細胞なので

皮膚の様に傷が付いても自力で治らないのです。

 

私は今まで何人ものお客様方が

市販のカラー剤をしなければ良かったと

後悔して泣いている姿を見てきました。

 

美容師は何でも出来ると思われがちですが

お客様の毛髪という素材がボロボロでは

手を尽くす事ができません

 

皆様には

いつまでも艶やかな毛髪でいて欲しい

これが私の願いです!

 

 

toiro hair緒方 元美  

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-5-4YKBマイクガーデン1F

電話番号:03-5363-9970
メールアドレス motomi@toiro-hair.com
営業時間:平日11時~21時 土祝11時~20時 日曜10時~19時
最終受付 カット:閉店1時間前 パーマorカラー:閉店2時間前

当店Facebook ページはこちら
http://bit.ly/2a2yLDt