ヘアケアに繋がる食生活2

 

ジャンlク

 

 

先週の『ヘアケアに繋がる食生活1』の続きで

今日は髪に良くない食べ物を紹介したいと思います

逆効果!髪に良くない食べ物

髪にいい食べ物とは逆に

髪に対して悪影響を与えてしまう食べ物も紹介しますので

食生活を改める際の参考にしてください

先に言っておきますが

髪に良くない食べ物も「食べてはダメということではありません」

過剰に食べ過ぎない方が良いという事なので誤解のないようにお願い致します

インスタント食品やジャンクフード

説明はもはや不要かと思いますが

体に良くないとされている物が髪にいいはずがありません

塩分や糖分、カフェインなどの過剰摂取に気をつけましょう

食品添加物や化学調味料の摂りすぎも体の老化を早めるとされています

糖分の多い食べ物

甘い物の食べ過ぎも大変危険です

体の中で糖(ブドウ糖)とたんぱく質が結びつく事を専門用語で糖化といい

糖化したたんぱく質から作られた髪や血管、頭皮は脆くなってしまいます

また糖質の摂りすぎは血糖値を高くし

血栓など血行を妨げる原因にもなるうえ

糖を分解するには大量のビタミンを必要とする為に

体がビタミン不足になりがちです

ビタミン不足になると体の代謝機能が落ち

結果頭皮では分解しきれなかった脂質が

皮脂として過剰に分泌されてしまいます

脂の多い食べ物

脂っこい食べ物も取りすぎは髪に悪影響を与える原因です

  • コレステロールが溜まることで動脈硬化が起こり血流が悪くなる
  • 皮脂が過剰に分泌され、頭皮環境が悪化する

などのリスクがありますので覚えておきましょう

お酒

アルコールも適量であれば血行を促進してくれたり

ストレスを和らげてくれたりとメリットがあるのですが

飲みすぎてしまうと一転、髪にとって良くないことが起こってしまいます

過剰な飲酒の代償として

  • 内蔵への負担が増して、肝臓などの疾患を招き、頭皮への栄養補給を妨げる
  • 体内のアルコールを分解するために体内の活動が活発化、その結果として睡眠の質が下がる

などのデメリットもあります

お酒もほどほどにしておきましょう

過度のダイエット

特に女性に多いのはダイエットによる薄毛や抜け毛です

「食べない」という無理なダイエットをしてしまう人は

髪が栄養不足になります

そういった方ほどサプリなどに頼ってしまう傾向もありますので

サプリの副作用で体調を崩すという悪循環にもなりかねません

髪のためにも体の為にも無理なダイエットは控えましょう

寝る直前の食事

実は食べる時間にも気を使った方がいいのです

通常、ゴールデンタイムと呼ばれる夜の22~26時の間にホルモンが活発に分泌され

髪の発育を促します

しかし、その時間に胃の中に食べ物が残っていると

消化の方にエネルギーが使われてしまい

髪の発育にも影響を与えてしまうこともありますし

睡眠の質が落ちます!

また夜遅くの食事は肥満の原因にもなりますので

髪にいい食べ物をいつ食べるのか?

ということにも気を使っていきましょう

 

次週は食生活による薄毛や抜け毛対策についてです

toiro hair トイロ ヘアー 山田 康太郎                  

                              

                                 

 

 

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-5-4YKBマイクガーデン1F

電話番号:03-5363-9970
メールアドレス:kou@toiro-hair.com motomi@toiro-hair.com
営業時間:平日11時~21時 土祝11時~20時 日曜10時~19時
最終受付 カット:閉店1時間前 パーマorカラー:閉店2時間前

当店Facebook ページはこちら
http://bit.ly/2a2yLDt