ヘアケアに繋がる食生活1

 

heakea

 

 

先週まで3週続けて

『髪に良い食べ物』について書いてきましたが

今日は『ヘアケアに繋がる食生活』について

ご紹介したいと思います

イソフラボンとカプサイシンの組み合わせは最強説

実は医師からも薄毛などに効果的と認められている栄養素があるのを

知っていましたか?

それがイソフラボンとカプサイシンの組み合わせです

専門用語で「CGRP」といわれる

血管の拡張などの効果をもたらす物質の放出を促すカプサイシンと

そのCGRPを増やすイソフラボンを同時に摂取することで

高い育毛効果を得られることが名古屋大学の研究グループによって発見されています

 

サプリメントも併用してみよう

どうしても料理が苦手だったり面倒だという方もいるでしょう

そんな方は栄養補給のサポートとして

サプリメントを使ってみるのもおすすめです

特に髪に関しては育毛用のサプリなどもたくさん発売されていますので

髪の悩みがあるのなら使ってみてもいいでしょう

ただし、気をつけてほしいことが一つだけあります!!

サプリメントに頼ってしまうのはダメですよ!

あくまで食事でとれなかった栄養を補給するサポートとして使ってください

サプリメントは過剰摂取すると種類によっては

体調不良の原因にもなりますので!

特にビタミン剤などは過剰に摂取すると
肝臓に負担がかかって発熱やだるさなどの
体調不良を起こす原因になってしまいます

日本医師会が出している資料」でも

サプリの過剰摂取をしないようにと注意が呼びかけられています

資料のデータの他にもビタミンAやDの摂りすぎも良くありませんので

気をつけて下さい。

 

野菜や果物を積極的に摂ろう

髪や頭皮の老化を防ぐ

野菜や果物に多く含まれるビタミンCやE、亜鉛や銅などのミネラル

ポリフェノールやリコピン、カロテンといった栄養素は

体の老化を早める「活性酸素」から細胞を守り

髪や頭皮が老化するのも予防してくれます

 

健康な髪や頭皮を作る手助けをする

髪の材料であるたんぱく質が体内で消化、吸収される際に

ビタミンやミネラル類が重要な働きをします

また野菜などに含まれる食物酵素は

消化や吸収の手助けをする働きもあります

 

さらに豆などに含まれるビタミンB群は

体の代謝機能を正常に働かす為にもっとも大切な栄養素です

これらの栄養素が多く含まれている事からも

野菜や果物が髪にいい食べ物である事が解ると思います

この他にも

  • 食物繊維は血液中の悪玉コレステロールをおさえて血をサラサラにする
  • ビタミン類は皮脂の分泌を正常に保つ

などの働きもあるので健康な髪や頭皮のためには欠かせません

 

 

髪の材料であるたんぱく質は

健康な髪を作るうえで欠かせないものですが

できれば肉より魚や大豆などで摂取することがおすすめです

理由としては

  • 肉類の過剰摂取は血液中の悪玉コレステロールを増加させ動脈硬化や血栓の原因になる
  • 対して青魚に含まれ栄養素DHA、EPA、大豆に含まれる栄養素レシチンなどは悪玉コレステロールを減少させ血液をサラサラにし血行改善の効果がある
  • 大豆には髪の健康を守る女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きをするイソフラボンが含まれている

などが挙げられます

ですが、

もちろん肉類も適度に食べましょう

次週は髪に良くない食べ物も紹介していきますね

 

toiro hair トイロ ヘアー 山田 康太郎                  

                              

                                 

 

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-5-4YKBマイクガーデン1F

電話番号:03-5363-9970
メールアドレス:kou@toiro-hair.com
営業時間:平日11時~21時 土祝11時~20時 日曜10時~19時
最終受付 カット:閉店1時間前 パーマorカラー:閉店2時間前

当店Facebook ページはこちら
http://bit.ly/2a2yLDt