パーマってなんで掛かるの?

 

美容室で当たり前に行われているパーマ

でもパーマってどんな原理で掛かっているのか

あなたはご存知ですか?

今日はそんなパーマが掛かる仕組みについて

書いていきたいと思います

 

毛髪はケラチンというタンパク質で出来ています

そしてこのタンパク質は18種類のアミノ酸から構成されています

18種類のアミノ酸は

シスチン、グルタミン酸、ロイシン、アルギニン

セリン、スレオニン、アルパラギン酸、グリシン

バリン、アラニン、フェニルアラニン、イソロイシン

チロシン、リジン、ヒスチジン、メチオニン、トリプトファンというものです

18種類のアミノ酸の中で最も多く毛髪に含まれているのがシスチンです。
このシスチンはシスチン結合という結合で出来ていて

シスチン結合は切り離したり、結びつけたりすることが出来ます

このシスチン結合の、切り離したり、結びついたりする特性を利用して

掛けているのがパーマです

パーマが掛かるしくみ

パーマは1液と2液に分けられますが

1液で毛髪中のシスチン結合というハシゴのような繋がりを切り離し

2液によって切り離したシスチン結合を再び結び付けます

1液のアルカリ剤によって毛髪のキューティクルが開かれ

さらに1液の還元剤によってシスチン結合が切断されます

 

 

hair-science17

 

 

 

シスチン結合は切断されると水素がプラスされ

独特の臭いを放つ物質になります

ですので、臭いがするということは

薬剤が効いているという判断材料になります

 

1液をしっかりと流したあとは2液の登場です

2液には酸化剤が入っていて

1液で切断されたシスチン結合を再び結び付けます
ロットなどで毛髪が巻かれている状態でシスチンが再び結びつくと

ウェーブの形に固定されストレートの状態でシスチンが再び結びつくと

真っ直ぐに固定されます

2液をしっかり塗布する事でシスチン結合がきちんと結びつきます

 

 

 

 

image1110

 

 

 

パーマとは毛髪内部で

この様な化学反応を起こす事で掛かっているのです

 

この時毛髪内部のタンパク質がダメージによって流失していると

パーマがきれいに掛からなかったり

薬剤の過剰反応によりチリチリになってしまいます

 

そうならない為にも

毎日のホームケアやサロンケアで健康な髪を維持していく事が

パーマスタイルを失敗させない秘訣です

 

 

 

 

 

toiro hair トイロ ヘアー 山田 康太郎                  

                              

                                 

 

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-5-4YKBマイクガーデン1F

電話番号:03-5363-9970
メールアドレス:kou@toiro-hair.com motomi@toiro-hair.com
営業時間:平日11時~21時 土祝11時~20時 日曜10時~19時
最終受付 カット:閉店1時間前 パーマorカラー:閉店2時間前

当店Facebook ページはこちら
http://bit.ly/2a2yLDt