クセストパーとストパーのデメリット

 

こんにちは!元美です♪

 

以前のブログで

「クセストパーとストレートパーマのメリット」

 

クセストパーってなに?」

などをご紹介して来ました。

 

 

今回はクセストパーとストレートパーマのデメリットについて

お伝えしたいと思います。

 

g-06-01

 

クセストパーもストレートパーマも

美容室で行なうメニューの中で

髪の負担が最も大きく(ダメージ)リスクが高い施術で

施術時には最大限の配慮が求められます。

 

そしてクセストパーとストレートパーマの施術で異なる部分は

アイロン等で毛髪に熱を

加えるか

加えないかの違いです。

 

そして、共通しているのは

1剤の働きで髪を柔らかくし化学変化を髪の上で起こす事です。

この施術が上手くいかない場合はストレートにならなかったり

過度なダメージがかかる原因となります。

 

 

クセストパーは薬剤とアイロン(熱)の力を使って伸ばす技術に対し

ストレートパーマは薬剤の力を使ってクセを伸ばします。

その為、特にクセやうねりが強い髪質の方がストレートパーマを選ばれた時

「本当はもっと伸ばしたかったのに~」

「イメージしていたよりクセが伸びきってない」などいった

リスクが高くなるので、担当美容師さんとしっかりお話ししましょう。

 

 

これらから

アイロンの有無に関わらず

どちらとも髪への負担が非常に大きなヘアメニューである事に

変わりはありません。

 

 

 

 

注意!

縮毛矯正やクセストパーでは薬剤に加えて

高温の熱で人の髪をプレスする為

髪のダメージはストレートパーマよりも負担が大きくなります。

縮毛矯正やストレートパーマで一度失敗すると

そのダメージ部分は1年~2年位、影響が残ります。

 

なので、美容師さんがリスク説明をする場合は

何かしらのリスクがあるという事をご理解いただきたい。

※美容師は魔法使いでないので出来ない事は出来ません。

 

 

 

もう一度お伝えしますが

美容院の施術で髪への負担(ダメージ)が最も大きく、リスクも高い

施術が毛髪をストレートにする行為です。

 

※ブリーチも同等のダメージと負担が掛かります。

 

 

 

 

 

toiro hair  緒方 元美      

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-5-4YKBマイクガーデン1F

電話番号:03-5363-9970
メールアドレス: motomi@toiro-hair.com
営業時間:平日11時~21時 土祝11時~20時 日曜10時~19時
最終受付 カット:閉店1時間前 パーマorカラー:閉店2時間前

当店Facebook ページはこちら
http://bit.ly/2a2yLDt