傷んでいる髪でもパーマを掛けられますか?

 

 

image_314

 

 

 

『髪が傷んでいるけどパーマを掛けられますか?』

ハイトーンのカラーや縮毛矯正をした方から

よく聞かれる質問です

 

美容師の本音としては

傷んでいる髪にパーマは掛けたくありません・・・

 

理由は求めるスタイルとダメージ具合にもよりますが

傷んだ髪ではキレイにパーマを掛けるのは

非常に難しいからです。

 

パーマは髪内部にあるタンパク質に

薬剤が作用して掛かる物なので

傷んで髪内部のタンパク質が流失している状態だと

 

・掛からない

・掛かり過ぎる

・ビビり毛になる

・ゴムの様な質感になってしまう etc

 

上記の様な失敗をする可能性が高くなってしまうからです。

 

 

最近ではハイダメージ毛でもパーマが掛けられる

髪に優しい薬剤も開発されていますが

パーマの掛かり具合は非常に弱い仕上がりとなります

 

 

toiro hairではハイダメージ毛の方が

パーマを希望された場合

髪内部のタンパク質を補修するトリートメント

Reサイバーをしてからの施術をオススメしています

 

このReサイバートリートメントをすれば

ダメージ毛にもパーマが掛けれる様になります

(全ての方に絶対掛けられる訳ではありません)

 

結論としては

スタイルやダメージ具合によっては掛けられるが

基本的には掛けない方が良いです。

 

 

髪が傷むとスタイリングも決まらなくなりますし

パーマやカラーなどの施術にも制限が出てきます

そしてヘアースタイルの再現性や持続性も低下します

 

いつでもヘアスタイルを楽しめる様に

日頃からサロンケアとホームケアを連動させて

髪をダメージから守る様に心がけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

toiro hair トイロ ヘアー 山田 康太郎 

                              

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-5-4YKBマイクガーデン1F

電話番号:03-5363-9970
メールアドレス:kou@toiro-hair.com
営業時間:平日11時~21時・土日祝11時~20時
最終受付 カット:閉店1時間前 パーマorカラー:閉店2時間前

当店Facebook ページはこちら
http://bit.ly/2a2yLDt