パーマ後の臭いをとる方法

 

timthumb-300x199

 

 

パーマを掛けるお客様の悩みの一つに

パーマ後の臭いが気になるというのがあります。

 

ではなぜパーマを掛けるとあんな臭いがするのか?

それはパーマ剤の中に含まれている

アルカリ成分が原因なんです。

 

パーマを掛けるには

毛髪内部にパーマ剤を浸透させる必要があるのですが

その時にパーマ後の臭いの元になってしまう成分も

一緒に浸透してしまい

パーマ後も毛髪内部に残留してしまうので

一定期間臭いが残ってしまうのです。

 

パーマ後、髪が乾いている時はあまり感じないが

シャンプー中や髪が濡れた時に強く臭いを感じるのは

髪が濡れるとキューティクルが開き

毛髪内部から臭いがしてくるからです。

 

アルカリ成分が髪に残ってしまう原因として

よく上げられるのが

 

・1液の過剰使用

・2液による酸化不足

・パーマ処理後のすすぎ不足

ですが

 

以上の事を踏まえてしっかりパーマの処理をしても

臭いを完全に抑える事は出来ません。

 

それは臭いの原因がパーマ剤の中にある成分で

その成分が無いとパーマを掛ける事が出来ないからです。

 

パーマ剤の値段の高さや品質も関係ありません

むしろ高額で髪に優しいタイプのパーマ剤の方が

臭いが強い物も存在します。

 

そこでパーマ後の臭いを少しでも軽減させる為に

toiro hair で導入しているのが

『炭酸マイクロバブルスパ』『プラチナムプラストリートメント』です。

 

 

『炭酸マイクロバブルスパ』では

炭酸泉とマイクロバブルの2つの成分を

同時に発生させることにより

毛髪内部に残留しているアルカリ成分を

しっかり洗い流すことが出来るので

パーマ後の臭いを最小限に抑える事が出来ます。

 

そして

『プラチナムプラストリートメント』を

パーマ施術後1週間ホームケアとして使用してもらうと

毛髪内部に残留しているアルカリ成分を除去出来ますので

イヤな臭いやパーマ剤による毛髪のダメージを抑えてくれます。

 

パーマ後の臭いが気になる方は

ぜひ担当スタッフにご相談ください。

 

 

 

 

toiro hair トイロ ヘアー 山田 康太郎 

                               

                              

 

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-5-4YKBマイクガーデン1F

電話番号:03-5363-9970
メールアドレス:kou@toiro-hair.com
営業時間:平日11時~21時・土日祝11時~20時
最終受付 カット:閉店1時間前 パーマorカラー:閉店2時間前

当店Facebook ページはこちら
http://bit.ly/2a2yLDt