縮毛矯正後に髪から枯葉を焼いたような匂いがするのはなぜ?!

 

2016年10月20日

 

こんにちは!元美です!

 

縮毛矯正をされている方からの質問

縮毛矯正後に髪から枯葉を焼いた様な匂いがします。

髪を洗う時や乾かしている時もです。

この匂いが数日たっても消えないのはなぜですか?

その対処法はありますか??

 

6fd3466333364bec2dc7c363edb0faab

 

 

薬剤やアイロン技術によってはこの匂いがしない場合もあります。

しかし一度この様な状態になると中々匂いを取り除く事は出来ません。

ただ・・・数週間もすれば徐々に匂いが収まってくると思います。

そして最大の原因はアルカリ剤が髪に残留したからだと思います。

 

 

 

縮毛矯正の原理と流れは・・・

 

まず髪に1剤を塗布し薬剤を浸透させます。

浸透させる際に一役かっているのがアルカリ剤の力です!

アルカリ剤はキューティクルを開かせる作用があるので

1剤を毛髪内部に浸透させる事が出来るのです。

 

次は髪に1剤の効果が出ていれば洗い流す工程に入ります。

この時、入念に流す事で1液の残留はとても少なくなります。

 

そしてセット面で髪を乾かした後、高温のアイロンで

髪をストレートに伸ばす施術に入ります!

 

最後に、アイロンで真っ直ぐに伸ばした髪に2剤を付け

髪をストレート状に固定します!

 

それから、2剤を流してカットへという流れになります。

 

 

 

今回の様に匂いがずっと残っているケースは

 

薬剤を十分に流さなかった事で

毛髪内部に過剰のアルカリ剤が残留しまった為だと考えられます。

 

 

 

毛髪は健康な状態だと弱酸性なのですが

1剤に使用したアルカリ剤が毛髪に残留してしまうと

アルカリ性へと傾いてしまうのです・・・。

 

 

毛髪に残留してしまったアルカリ剤を1日では取り除く事は出来ません

しかし最近では、アルカリ性に傾いた毛髪を

弱酸性に戻すための後処理剤(酸性系の薬)を使う事で

一時的に弱酸性へと戻す事も出来る様になりました

 

 

しかし!これは一時的な作用の為

後処理剤の効果が無くなってしまうと

再びアルカリ性へと傾いてしまうのが難点です・・・。

 

 

最近ではホームケアトリートメントで

アルカリ性に傾いてしまった毛髪内部のアルカリ剤を除去する

スペシャルなケアが出来る様にもなっていますので

担当の美容師さんに聞いてみるのも良いですね!

 

 

縮毛矯正やパーマ、カラーで残る独特な香りが気になる方は

是非ホームケアを試してください!

 

 

これからも皆様が健康な髪で過ごせる様にお手伝いが出来ればと思っています!

 

 

toiro hair 緒方 元美

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-5-4YKBマイクガーデン1F

電話番号:03-5363-9970
メールアドレス

motomi@toiro-hair.com
営業時間:平日11時~21時・土日祝11時~20時
最終受付 カット:閉店1時間前 パーマorカラー:閉店2時間前

当店Facebook ページはこちら
http://bit.ly/2a2yLDt