アンコールワット1日目

 

こんにちは山田です。

 

先月5連休を頂き

アンコールワットへ旅行に行ってきました。

今日からその時書いた日記を

数週間掛けてブログで紹介しますね。

 

1日目

まずは羽田発01:30の飛行機でホーチミンへ

深夜の出発は仕事が終わってからでも余裕があるので便利ですね。

7時間弱のフライトでしたが、あまり眠れませんでした…

トランジットの待ち時間は2時間、カンボジア航空で今回の目的地シェムリアップへ

 

定刻通りの到着、日本でビザも取得していたのでカンボジアへの入国もスムーズでした。

ネットで取ったホテルには空港送迎が無料で付いていたので

ホテルへの移動もスムーズで予想していたよりも1時間近くも早くホテルに到着出来ました。

しかも30分待てば部屋があくので無料でアーリーチェックインも出来るとの事。

 

ラッキー!待ち時間で近くのスーパーで水やビールを購入してから

帰って来ると直ぐに部屋に通して貰えました。

 

部屋はとても広くキッチンとバルコニー付き

簡単に荷物を整理したらランチへ

ガイドブックに出ていた定食屋さんで初めてのカンボジア料理

一番人気のチキンライスは普通に美味しかったです

個人的にはスープがパクチーが効いていて後引く美味さでした。

 

食事の後はアンコールワット観光スタートです

トゥクトゥクドライバーに行きたい場所を伝えて値段交渉

半日チャーターで14US$で交渉成立

 

まずはチケットセンターに行きアンコールワット移籍の入場チケット3日券を購入

その後向かったのはアンコールバルーン!

地上200mまで上昇するバルーンからアンコールワット遺跡が観られると

ガイドブックに書いてあったので楽しみしていましたが

乗り場に到着したら強風の為運行停止中

スタッフに再開の目処を聞いてみるも風次第から解らないと…

気を取り直してアンコールワット遺跡へ

 

環濠を渡り西参道に入ると正面にアンコール遺跡が!

乾季なので聖池にはあまり水が無くて逆さアンコールワットは観られなくて残念でした。

時間帯が良かったのか第一回廊、十字回廊、第二回廊、第三回廊、中央祠堂とスムーズに見学出来ました。

今まで写真でしか観た事が無いアンコールワットを生で観られてとても感動しました。

 

その後はスラ スラン、プノンバケンと移動してプノンバケンでは

嫁が やりたかったエレファントライドで頂上へ

象の乗り心地は思っていたよりも揺れましたが良かったしです 。

頂上の遺跡は高台にあるので見晴らしも良くサンセットの名所なので

夕陽待ちの観光客で行列が出来ていたので泣く泣く断念しました。

 

しかし下山途中に東の空を見るとアンコールバルーンを発見!

風が止んだのか運行を開始した模様

急いで下山しトゥクトゥクで移動

 

過去、ドイツで熱気球にトライするもフライト直前で強風の為緊急中止

去年のリマでもパラグライダーのフライト直前に強風で中止と何故か風物に弱い山田家

ここでもまた直前で中止とか辞めてよと祈りつつ順番を待つと無事に乗る事が出来ました。

上空200mから見下ろすアンコールワットはなんとも言えない眺望でした。

ちょうど良くサンセットも重なり綺麗な夕陽も観られるました。

 

本日の遺跡観光はここで終了

トゥクトゥクでオールドマーケットという市場に行き

現地の土産物屋や屋台を散策してからクメール料理レストランでディナーを楽しみ

歩いてホテルに帰りました。

これでカンボジア旅行の初日が終了。

 

移動はほとんどトゥクトゥクでしたが遺跡内の観光で思いのほか歩いたので

寝不足気味の2人にはちょっとハードな1日でしたがとても楽しく観光出来ました。

 

2日目は日本語が話せる現地人ローズ君のガイドで

郊外のバンティアチュマール遺跡へ行く予定です。

 

つづく

 

12745812_1003021099776609_950825495782533537_n-300x200

 

12741885_1003021823109870_2300202983121032945_n-300x200

12705304_1003021923109860_9080477053598826363_n-300x200

 

12733402_1003021943109858_4264741626150295251_n-200x300

 

10437453_1003022043109848_4592620619542878499_n-300x200

12705743_1003025176442868_5258618485148629787_n-300x200

 

新宿 美容室  toiro hair   山田 康太郎